目立つはっぴの色・デザイン
2016.06.21

subimg02日日本国内、夏と言われればやはり盛り上がるのが祭です。そしてその他にも踊りやパレードと言うのがありますが、この祭りや踊り、そしてパレードにどうしても外せないと言うのが衣装です。そしてこれでなければならないと言うのが実は半被です。しかも、かなり大衆の視線を鷲掴みにするような目立つはっぴは躍動感あふれるとも言われます。色にしてもデザインにしても、現代社会の祭と踊りに使用される半被はかなりアイデァ豊富に制作されていると言って良い訳です。特に近年では、そんな半被も男性でも女性でも、清潔感もありながらも、それでいて爽快感もあり、更には躍動感に溢れていると言う風景でもあります。つまりは日中に行われる祭や踊り、パレードに使用される半被であれば爽やかさがイメージされると言うデザインが多く使用されます。

もちろん、カラー以外にも、カラーとバランス良くアレンジされた模様なども全体のバランスを整えてアレンジされてあるものが幾つもあります。当然の事ながら、日本の場合には、地方、地方での名物な祭や踊りがあります。その名物に合わせての半被と言いうのも実に、遠くから見ていても圧倒されると言う事になります。色良し、スタイル感良し、それに付け加えて、女性のしなやかな踊りにマッチングすると言う半被は観ているだけでも楽しい気分になります。そして男性の半被姿にすれば、その激しいパフォーマンスにかなり祭と踊りの醍醐味を感じると言う事にもなる訳です。他にも言える事は、子供にも嬉しい法被です。何も大人だけの半被ではなく、小さな子供たちが身に纏う半被姿と言うのはほのぼの感を与えてくれると言う光景があります。

かなりオーソドックスではありますが、白でも、青でも黄でも、上手に単色を使い分けて、それでいて模様を上手に組み合わせての半被というものは、観ていて非常に気持ちが良い光景でもある訳です。そして夜の祭や踊りに相応しい半被です。中にはかなり躍動感溢れる踊りがあります。観衆を圧倒するようなその踊りとパフォーマンスには、ある意味では、その踊りに合わせての特別な意味合いを込めての勝負服でもあるかのように踊り手の感性が滲み出るようなアレンジとなっているとも言われます。つまりは半被ひとつにしても、踊り手から言わせれば、それが衣装でもあるように、踊りの勢いと出来栄え、そして何よりも、踊り手の動きをしっかりと大衆に感じさせる共鳴させると言うほどの魅力感が半被には込められていると言う事です。

▲ ページトップへ