近年の求人で積算スキルを求めている業界

将来建築関係の職業に就きたいと考えている人は多いでしょう。建築関係には様々な職種が存在しています。有名な職種としては設計や営業などがありますが、実は表にはなかなか出ない為、建築に関わっていない人には知られていない職種も非常に多いのです。しかしながらあまり知られていない職種であっても、その中のどれか一つでもその職種の人が欠けても建築業務は円滑に進めることは難しいのです。積算もそうした職種の一つです。積算とは図面上の設計図を見て、材料費や人件費などがどのくらいかかるのか計算する職種です。建築を行うためにはどの程度の金額がかかるのか見積もりを出すことは非常に重要で、その見積もりによって契約するかどうか決める人も多いです。積算の仕事内容や求人の探し方などについてみていきましょう。

積算の資格を持つことで見つかる求人とその仕事とは

建築関係の職種の一つである積算は、設計図や仕様がどのようなものかを見て、材料や人件費などを算出し、工事の見積もりを出す職業です。積算の仕事は小規模な建設工事から大規模な建築工事まであらゆる工事に必要となるためあらゆる建設業の求人を見つけることができます。工事が実際に行えるかどうかなども積算によって判断されることも多いのです。積算の仕事は実は資格が無くても行うことができます。最近では積算用のソフトが導入されている企業も多く、こうしたソフトを使うことによって、未経験や無資格でも採用を行う企業も多いです。しかしながら材料の相場や工程や建築関係の法律等の知識も必要となり、専門性の高い職種といえます。また建築積算士の資格を取得することで、より専門的に業務をこなしていくことが可能となる他、企業からしても即戦力として歓迎されることが多いでしょう。

積算の資格が生かせる求人とその探し方とは

積算の資格を取得した場合に求人はどのように探したらよいのでしょうか。積算求人は実は就職サイトや転職サイト等で検索することで多く見つけることができます。もちろんそのほとんどが建築関係の企業です。しかし積算は建築関係全てにおいて通用する仕事ですが、どんな建築工事を請け負うかは、その企業によって異なります。一般的な家屋を建設する企業や、事務所や店舗等を建築する企業などがあり、積算の仕事をするにあたってどんな建築工事に携わりたいという希望がある場合は、それに対応できる企業の求人にしぼらなければなりません。また無資格や未経験で求人に応募する場合は、入社後はどんな研修制度があるのか、教育制度は整っているかなどによってスキルアップできるかが変わってくるため、こうした制度があるかどうかを重視して求人を選択するとよいでしょう。